【お肌のお手入れ基礎の基礎】効果的でお肌にやさしいクレンジング5つのポイント

アンチエイジング美容コラム
この記事は約2分で読めます。

毎日メイクをするのだから、クレンジングの時間も毎日やってきますね。クレンジングの方法がお肌にやさしくきちんとできていればその分、肌年齢も維持できます。

長年、メイク→クレンジングを繰り返していると、自己流手抜きクレンジングが癖になっていることも・・・。定期的に、自分のクレンジングを見直して、手抜きになっていないかチェックしましょう。

肌にやさしいクレンジング

1.クレンジング料を手のひらで温める

メイクの汚れは油性なので、高い温度で落としたほうが汚れになじみやすく落としやすくなります。人肌程度でも十分効果があるので、手のひらで温めてからお顔にのせます。

2.クレンジング料はたっぷりとつかう

クレンジング料を少なめに使うことが、最もクレンジングで肌を痛める原因になります。クレンジング料が少ないと、どうしても肌をこすってしまいます。お肌の上を指がスムーズに動く量を目安にたっぷりと使いましょう。

3.お肌の丈夫なパーツから順に落とす

クレンジング料そのものが、お肌には刺激的なものなので丈夫なパーツから順にクレンジングして、いちばんデリケートなパーツは一番最後に落とします。

Tゾーン(鼻筋・おでこ)→Uゾーン(頬・あご)→デリケート(目・口)の順に落としていきます。

4.指は螺旋を描くようにくるくると回しながら動かす

クレンジング料を各パーツになじませる時は、顔の中心から外に向かってくるくると円を描きながらなじませるイメージで指を動かします。筋肉の流れを意識して、パーツごとに指を動かしましょう。

5.丁寧に細かく、でもスピード勝負

クレンジング料を長時間お肌にのせておくと、お肌を痛めます。だから、クレンジングはスピード勝負。とにかく手早く落とします。クレンジングついでに、お顔のマッサージなんて絶対にNG。マッサージは専用クリームや美容液でおこなったほうが、美容成分を浸透させることができるので効果が高いです。クレンジングはあくまでメイクを落とすだけのものとして手早く使いましょう。

メイクがお肌に残ってしまった場合

クレンジングをたっぷり使ったのに、メイクが残ってしまった場合。メイクの残った量にもよりますが、洗顔で落とし切ることもできるので、再度クレンジングをすることは極力避けます。せっかく、手早くメイク落としをしても、2回も3回もクレンジングをしてしまっては意味がありません。強めのアイメイクや濃いリップにはオリーブオイルパックなどで予め浮かしておくなどの工夫をして、クレンジングは一度ですませるようにしましょう。

【お肌のお手入れ基礎の基礎】アイメイクのクレンジングはメイクの濃さで使い分け
お肌に美容液を吸収させるお手入れの前に、日々のメイクをきちんと落としましょう。なかでも、念入りに落としたいのがアイメイク。「落ちない」「にじまない」をキーワードに惹かれて買った化粧品は、どうしても普通の洗顔では落ちません。 とはいえ、...

コメント

  1. […] 【お肌のお手入れ基礎の基礎】効果的でお肌にやさしいクレンジング5つのポイント毎日メイクをするのだから、クレンジングの時間も毎日やってきますね。クレンジングの方法がお肌 […]

タイトルとURLをコピーしました