オススメ美容法や化粧品を試す前にすること!自分の肌質を確認する

アンチエイジング美容コラム
この記事は約4分で読めます。

スキンケア商品が並んでいると「乾燥肌向け」「敏感肌向け」「オイリー肌向け」「混合肌向け」などなど、たくさんの肌質別の化粧品が用意されています。自分がどんな肌質なのか気になるところです。

この肌質の中でいちばん気にしなくてはいけないのは、実は「敏感肌」です。敏感肌の場合、使用する化粧品によって肌トラブルが起きやすく、治療の必要な被害にあう場合もあります。ですから、まずは「敏感肌」かどうかの確認だけでもセルフチェックして、自分の肌質を知っておきましょう。

敏感肌のタイプその1:こすると荒れる

コットンを使ったパッティングや、拭き取り化粧水を使用した時に顔が赤くなったりヒリヒリしたことはありますか?

もし、思い当たることがあれば、物理的な刺激に対して敏感なお肌の持ち主かもしれません。強い刺激にお肌が耐えられないのです。お手入れはできるだけ、やさしく触れるようなタイプのケアをこころがけます。美顔ローラーなんかは止めたほうがいいですね。

洗顔後のタオルドライも、やさしく押し当てて吸わせるようにするだけでも、肌刺激は最小限におさえられます。

敏感肌のタイプその2:化粧品で荒れる(アレルギー)

金属系のアクセサリーや、セーター類を着た時にカブレたりしますか?かぶれる場合はアレルギー体質の可能性があります。また、化粧品を切り替える際に、赤みが出るなどの肌トラブルはおきますか?おきるようなら、こちらも化粧品に含まれる化学成分にアレルギー反応をおこしている可能性があります。

このタイプの敏感肌の方は使用するスキンケア用品には十分注意が必要です。洗顔石鹸から保湿剤まで、さらには洗濯洗剤や柔軟剤など。直接&間接的に肌に触れるものに含まれている化学成分が肌トラブルを引き起こす原因になります。

相性の悪い成分の見極めは大切ですが、使用している化粧品や洗剤系の成分を見直してみると改善できることもあります。表示成分が少ないもののほうがリスクは少なめです。

敏感肌のタイプその3:たまに荒れる

何がきっかけかわからないけど、荒れたり荒れ無かったりする・・・という場合、特定の条件がそろった時だけ敏感肌になっているのかもしれません。よくあるパターンだと・・・

  • 病気の時や病み上がり時
  • 生理前や生理中
  • 妊娠中
  • 季節の変わり目
  • 極度にストレスや疲れがたまっている時
  • 更年期

などです。一時的なものなので健康状態が改善されたり、状況が変われば大抵の場合戻ります。私も妊娠中は極度の乾燥肌に悩まされましたが、出産後はホルモンバランスが変わったのか、プルプルに戻りました。油断していたら卒乳後にガサガサです。

もしかして、これかな?と思い当たる原因があれば、妊娠生理更年期のようなものは時が来るまで待つしかないですし、病気や疲れが原因なら健康改善を最優先して過ごしてみましょう。一時的なお付き合いだと思って、いつも以上にお肌を丁寧に扱えばOKです。

敏感肌以外の肌質診断

ここまで敏感肌のことだけをまとめてきましたが、化粧品売り場で目にする表示のその他の肌質についても気になりますよね。そもそも、肌質の違いはわかりますか?

  • 普通肌・・・水分油分の量がベストバランス。
  • オイリー肌・・・水分油分の量だとやや油分が多め。ニキビや吹き出物ができやすい。
  • 乾燥肌・・・水分油分どちらも不足。かさつきがち。
  • 混合肌・・・水分が少ないなのに油分はある。キメが荒くニキビや吹き出物がある。

私は、よく行く資生堂のカウンターで肌の水分量診断をしてもらっています。資生堂に限らず、美容部員さんたちは肌の水分油分量をはかる機械をもっていることが多いです。お買い物ついでの診断してもらうといいです。自分の肌タイプを数値で確認できますよ!

美容部員さんに測ってもらうのが苦手な場合はセルフチェックを。セルフチェックは頬(目の下、頬骨くらいの高さ)の肌質で見極めます。

  • 油っぽくなく、かさついてもいない→普通肌
  • 油っぽくないが、かさついている→乾燥肌
  • 油っぽいし、かさついていない→オイリー肌
  • 油っぽいし、かさついている→混合肌

お手入れはそれぞれ不足しているものを補うようにするだけでOKです。

タイトルとURLをコピーしました