【お肌のお手入れ基礎の基礎】美肌をつくるスキンケアのデイリールーチン

アンチエイジング美容コラム
この記事は約3分で読めます。

毎日のお手入れが美肌を作るのは言うまでもありません。どんなお手入れをするべきかはたくさんの情報が出回っている今、何を優先したらよいのか迷ってしまいますね。

美容賢者たちの、素晴らしいビューティーテクを真似してみる前に、基礎の基礎が何だったかを見直してみませんか?基本ができてから、はじめて最新の美容テクを試せるというものです。

毎日のお手入れ

クレンジング

お肌のお手入れの基本は、手早くクレンジング&しっかり洗顔です。特にクレンジングは、やり方次第で美肌を作るどころかお肌を痛めてしまう可能性も。基本をしっかりおさえておきましょう。

【お肌のお手入れ基礎の基礎】アイメイクのクレンジングはメイクの濃さで使い分け
お肌に美容液を吸収させるお手入れの前に、日々のメイクをきちんと落としましょう。なかでも、念入りに落としたいのがアイメイク。「落ちない」「にじまない」をキーワードに惹かれて買った化粧品は、どうしても普通の洗顔では落ちません。 とはいえ、...
【お肌のお手入れ基礎の基礎】効果的でお肌にやさしいクレンジング5つのポイント
毎日メイクをするのだから、クレンジングの時間も毎日やってきますね。クレンジングの方法がお肌にやさしくきちんとできていればその分、肌年齢も維持できます。 長年、メイク→クレンジングを繰り返していると、自己流手抜きクレンジングが癖になって...

洗顔

基本は泡洗顔です。泡をしっかり泡立てて、指と肌の摩擦を和らげます。洗浄力の強い洗顔料は肌を痛めますが弱すぎるものも汚れが残って良くありません。洗顔料選びも大切な要素となってきます。洗顔とは汚れを落とす目的でおこなうので、美容成分配合の洗顔料は不要です。洗いながら美容成分を肌に浸透させることはできませんから・・・

【お肌のお手入れ基礎の基礎】洗顔でしっかり汚れをおとして肌トラブルゼロへ
クレンジングはメイクの濃さによってお手入れの具合が変わってきますが、洗顔はメイクの濃さ関係なく、汚れをしっかり落とさなくてはいけない美肌を作るための大切なプロセスです。 肌に皮脂が残ると肌トラブルの原因になったり、参加した古い皮脂のせいで...

基礎化粧品

お肌を整える化粧水、美容液は毎日使用します。整えたお肌を保護する役割の乳液やクリーム類は、肌質によって必要な方だけ使用します。

【お肌のお手入れ基礎の基礎】基礎化粧品とスペシャルケアアイテム
クレンジング・洗顔と「落とす」美肌ケアを終えたら、次は「整える」ケアです。化粧水~美容液までのお肌の水分と油分を整えるケアです。 この化粧水~美容液までのケアも、他の美容テク同様にどんな手順でどんなアイテムを使うかは、様々な方法論が叫...

スペシャルケア

毎日のお手入れに加えて週に1~2度だけお手入れをするスペシャルケアがあります。ピーリングやゴマージュなどの落とす美容とマスク系の整える美容です。どちらも毎日だとお肌に負担がかかってしまうので、製品の取扱説明書にしたがって決められた回数だけ使用します。

ピーリング・ゴマージュ

古い角質を落とすことに効果的です。気持ちもよくさっぱりするので毎日つかいたくなりますが、お肌の角質層を傷つけることになりかねないので、スペシャルケアとして週に何度かの使用にとどめます。あくまでも体の自然なターンオーバーを補助するものという意識で使用します。これだけですべてを取り除こうとごしごしこすっては逆効果です。

マスク・マッサージクリーム

お肌に活力を与えるために使用します。浸透力を高めるために美顔器を使うのも良いアイデアです。熟練のエステティシャンの手技によるマッサージは気持ちが良いですが、素人が下手にマッサージをするとかえってたるみやしわの原因にもなりかねません。シンプルに美容成分を浸透させるような音波美顔器系が浸透率もアップして、たるみ・シワにつながることもなく安心です。

トータルケアはライン使いにするべきかどうか

美容部員さんに聞けば「ライン使いおすすめです」というに決まっています。お仕事ですからね。実際に、ライン使いをする場合は、ライン使い用のマニュアルもきちんとあるので初心者的には安心して使えます。ただ、ライン使いをしている場合としていない場合で劇的に差が出るかと言えば、そこまでの差はないでしょう。

自身でいろんな化粧品を探すのは難しいというのであればライン使いは便利です。でもライン使いにしなくてはいけないという義務感は感じなくても大丈夫です。

それから、いろんな化粧品を試す人のことを「ジプシー」と言って良くないように言う人もいます。たしかに毎日のように化粧品を変えていては、効果の合ったものと無いものの違いもわかりませんし、肌トラブルがおきたときの原因追求もできません。何年も同じものを使う必要はありませんが、ある程度の期間は続けて使ったほうがいいです。最低2週間を目安に同じものを使ってみるといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました