【体の冷え対策】防寒対策はポイントを押さえて効率よく!

information
この記事は約3分で読めます。

もこもこダウンにイヤーマフ、マフラー巻いて手袋して、さぁどうだ防寒だ!

たしかにそれも防寒です。でも、24時間そのスタイルでいるわけにはいきませんよね・・・

冷え解消のために、温めるべきポイントがあるのです。そのポイントを押さえて効率よく温めるだけでも十分効果がありますよ!

体のパーツ別防寒ポイント

冷えは体の「血の巡り」からくる不調なのですが、その不調を改善するには「血の巡り」を活用して温めると効果的です。

冷え対策には3大首を温めようと言います。「首・手首・足首」です。この首と名のつく場所は血管が皮膚に近いので血液を温めやすいのです。つまりは体を温めやすいのです。

  • 外出時にはマフラーを巻く
  • タートルネックの服を着る
  • 就寝時にネックウォーマーをする

制服のある職業で首元を温めにくい場合には、首に近い肩部分に温熱シートを貼るのも効果的ですよ。

二の腕

血を温めることも大切ですが、筋肉を温めることも体温上昇につながります。なかやまきんに君を見て御存知の通り、二の腕にはみなさん筋肉がついています(ちからこぶ)この部分を温めるようにすると体温が変わってきます。

  • ババシャツはノースリーブタイプより長袖を選ぶ
  • 夏場も羽織ものは二の腕を保温するようにする

こちらも貼るカイロの貼り付けポイントになりますよ。ぬくぬくです。

お腹

どれだけ冷え対策をしていても、内臓を冷やしては元も子もありません。小さい頃によく言われましたよね。「お腹冷やしちゃだめ」って。腸も子宮もしっかり温めないといけません。

  • 腹巻きは恥ずかしくない
  • 冷たいものを飲みすぎるのも内蔵を冷やす原因

尾てい骨より少し上に「仙骨」という部分があります。正しい姿勢で正座をする時に「仙骨」を意識して座るあの場所です。腰の温熱シートを貼るならここがおすすめ。副交感神経をいちばん刺激するポイントです。リラックスできて血の巡りがよくなります。

  • 腰じゃなくてお尻の上がポイント
  • 温めるだけで生理痛や腰痛解消につながることも!?

太もも・ひざ裏

太ももは二の腕同様、筋肉温めポイントです。しっかり温めましょう。ひざ裏は三大首同様に血管に近いので温めやすい場所です。ひざ裏はちょっと温めにくい場所ですが、ひざ掛けなどを使って、膝を冷やさないようにするだけでも違いますよ。

  • 膝上スカートは冷えの元
  • 温めインナーを履くなら太ももと膝をカバーできるデザインのものを選ぶべし

足首

3大首の一つ足首です。足の冷えは子宮の冷えに直結です。女性には大敵です。靴下・パンストなどは、あんまりキツイものだと血流が悪くなるので着圧タイプよりはゆったりめのものを選ぶほうが冷えには効果的です。

  • 五本指ソックスは足の指先の血流をよくする優れアイテム
  • 靴下は足首までガードできるものにすると暖か効果UP
タイトルとURLをコピーしました